の志で、             サポートさせていただきます。     ぜひ、     ベストパートナーとして         アドバイスをさせてください
小牧城北総合会計事務所
地 図
相続 HOME
目指すもの
料金案内
営業地域
事務所概要
社会保険労務士
HOME
本文へジャンプ

ここでは、助成金の代表的なケースをご紹介します。


60歳以上の従業員を雇われている場合に適用される助成金

新しく会社を設立した際に適用される助成金

新規分野に進出する際に活用できる助成金


幾つかの条件がありますが、上記の様な助成金が存在することさえも知らない経営者がいらっしゃいます。

◆受給が比較的容易な助成金

助成金の申請は、社会保険労務士しかできません。

助成金を苦手!と感じられる方が多い理由として、助成金業務が、通常の業務とは全く違ったものであり、さらに高度な知識と経験が求められるという点が挙げられます。


◆助成金の申請にはタイミングが重要です。        → 申請可能時期を逃すと、絶対に受給できません。

◆助成金が支給されることは、会社の実績となり公的融資も受けやすくなります。

◆ 助成金・補助金で資金繰りを楽にしたい。
◆ 様々な助成金があります
厳しい時代を乗り切る為に・・・
● 中小企業緊急雇用安定助成金

● 特定求職者雇用開発助成金

● 試用雇用(トライアル雇用)奨励金

● 受給資格者創業支援助成金

補助金・助成金は、国や地方公共団体が、一定の条件に合った企業や団体に 資金を支給する制度です。

これらの支給を受けるには期限までに所定の手続 きを間違いなく行う必要がありますが、

融資と異なり、

助成金は無料で受給でき、返済の必要はありません。』

               →チャンスがあればぜひ目指すべきです。


しかし実際には需給漏れが多く発生しています。

『助成金に関する充分な知識を持っていない』

『必要な対策をとらなかったために本来受給すべき助成金をもらえていない』

                    そういった会社があまりにも多くあります。


会社経営をするにあたって、

外部から調達できる資金はできる限り積極的に取り入れるべきではないでしょうか


助成金は簡単にはもらえないことも特徴のひとつです。

不正受給が頻発しており、支給には慎重になっております。

そういった状況も理解したうえでの助成金対策が不可欠です。

まさに慣れたコンサルタントの支援体制が何より大切です。

当然受給すべき助成金をもらうだけで資金繰りが非常に楽になる例が多発しております。

もちろんその後の経営展開が180度改善する例も多くあります。

限りある経営資源を有効活用するためにも、ぜひ一度ご相談ください。

補助金・助成金は、返還の必要はありません

inserted by FC2 system