高齢者最適賃金の設計
人経費コストの抑制
社会保険労務士 小牧 江南 小牧城北総合会計事務所 愛知県 岐阜県 一宮 犬山 春日井 北名古屋 美濃加茂 可児 羽島 大垣 税務 無料 相談 法人 会社 設立 中小 企業 節税 相続税
            の志で、             サポートさせていただきます。     ぜひ、     ベストパートナーとして         アドバイスをさせてください
本文へジャンプ
ベテラン社員の雇用継続

事業経営を行う上で、人件費コストが占めるウエイトはとても大きいものです。

通常は能力、年齢、家族状況などで賃金を決定していきますが、給付金や年金などを上手に組み合わせることで人件費コストを減らす方法があります。

当事務所サービス内容

たとえば、60歳定年を迎えるベテラン社員を定年以降も雇用し続けたいが、今までと同じ賃金額を支払うには負担が大きいので賃金を下げることにするとします。

その際に在職老齢年金(働きながらでも年金がもらえる制度)と高年齢雇用継続給付(60歳以降に賃金が下がった場合に国から補助をもらえる制度)を組み合わせた最適賃金を設計することにより、会社は人件費を抑えられ、経験豊かなベテラン労働者の人材確保により、知識や技術、人脈を今後も活かすことが出来ます。

そして従業員は実質的な手取額を減らすことなく働き続けることができます。賃金を下げても、本人の手取り金額がさほど変わらないのであれば、この制度を活用しない手はないでしょう。

当社では年々複雑になるこれらの給付制度を最大限活用し、最適な賃金をご提案します。

在職老齢年金

年金をもらえる人が、60歳〜70歳で在職してれば、年金が一部(又は全額)支給停止になり、残りが支給されます。

支給停止額は、年金額、標準報酬月額(給料より決定)の収入により決定されます。

60歳以上65歳未満の人で5年以上雇用保険の被保険者であった人が、60歳のときの賃金にくらべて低い賃金で働いたときに、最大でいまの賃金の25%もらえるという賃金補助。

地 図
料金案内
事務所概要
HOME
淺野博之社会保険労務士事務所
税理士  社会保険労務士  行政書士  ファイナンシャルプランナー  宅地建物取引主任者
FAX:0568-76-3083
愛知県小牧市安田町137番1
e-mail:asano@komakikaikei.com
0568-73-7836
TEL
小牧城北総合会計事務所
経営の視点から 人事・労務へ
inserted by FC2 system