アピールポイント
            の志で、             サポートさせていただきます。     ぜひ、     ベストパートナーとして         アドバイスをさせてください
小牧城北総合会計事務所
地 図
相続 HOME
目指すもの
料金案内
営業地域
事務所概要
社会保険労務士
HOME
本文へジャンプ
この不況により、多くの中小企業の経営状況は大変厳しい状態となっています。
だからこそ、当事務所では、まずはお値段をもってサポートさせていただき、
高品質にもこだわらせていただきます。
弊所は、徹底的な低価格の税理士報酬を誇っています。

(これまで、弊所に変わっていただいた会社の9割が、顧問料は下がっておりますし、
 
据え置きであるとしても、サービスの質が高くなったことに大変ご満足いただいています。)

税理士が高齢で話が噛み合わない

先代から会社や事業を引き継いだ若い経営者様からよく耳にします。

フィーリングの合う合わないはとても大事な要素だと思います。


税務調査時の対応に不満・疑問を感じた


税務署の主張ばかり鵜呑みにし、こちらの考えをまったく主張してくれないという意見です。

当方の主張が通る通らないは別としても、主張すべきは堂々と主張すべきです。


不得意分野があるようだ

例えば消費税の処理や相続税を不得意とするケースがあるようです。



税理士報酬の内容が不明瞭


特に必要としていない作業に対する報酬(例えば経営分析表の作成)など

については事前によく確認することが必要です。

「何を頼んでいくら払うのか」今一度よく考えてみてください。



税理士が高齢で、その事務所に跡継ぎがいない

顧問税理士にもしも事態が起こってから、慌てるのではなく、事前の対策が必要です。

通常、経営者様と税理士は、一度お付き合いが始まると長いお付き合いになります。

経営者様は自らの大事な経理のデータを税理士に開示していますし、

プライベートな情報も税理士は知っています。

ですから、税理士を変えることは、容易には決められないと思います。

(もちろん税理士には守秘義務がありますので情報が外部にもれることはありません)

しかし、特に最近では、

実際に他の税理士の先生から驚く程多くの経営者様が弊所にご依頼いただき、

お喜びいただいております。


経営者様に出来る限りご負担をかけぬよう、お付き合いのあった税理士から、

スムーズに資料・書類の受け渡しができるよう、

マニュアル化もしましたので、ご心配はいりません。


左記に、実際に弊所へ変わっていただいた経営者様からのお声である、

「税理士を変えたい理由」の例をいくつか挙げてみました。

もし、皆様の中で、該当する箇所がございましたら、是非、ご検討いただければ幸いです。


アピールポイント
ご満足・ご納得いただける理由があります。是非、比較検討してみてください。
></DIV>
<</DIV>
<DIV style=
inserted by FC2 system